2006年03月09日

いろんな捜しもの<Ver.犬>

 今日は人探し〜。行方不明になっちゃった商人のハビさんで、前に会ったことがある人。
パティさんと会って、でも占い師のサイアさんが言った、見つかるようになる時間には早かった。
 他の捜している人もいるかもしれないって話になって、じゃあどこに行こう?
確かブロークン・アローの依頼はなんとか公国ってなってたっけ。でも人いるか分からないし……
 結局、船の見つかった場所に近い魔女さんのお屋敷に行ってみた。
そしたら丁度出かけるところだったみたい。
時間になったら抜けるってことで、ついていきました。

 それで、時間になったのでパティさんが見つけた船のところへ。

 前に近くを捜してみたときにあった山道に向かう。休めそうな洞窟で近いところっていうとあそこぐらいだもんね。
mag3.jpg

 洞窟まであと少しって時に、一瞬、匂いが強くなった。

 捕まえた!

 前に会ったときのハビさんの匂いと一緒!

 パティさんとラストスパートのダッシュをかけて、ハビさんの姿を確認。よかったー。
 でも、とても弱々しいっていうか立ってるのも辛いっていうか……ええっと、アレだ。そう、衰弱が激しい。もう、急に体力が減って包帯を巻かないと死んじゃいそうってぐらいに。

 それで、サイアさんとこに行こうってなって、でもハビさんは外に行くのが辛いみたい。外はとっても眩しいからって。だからフード付きの服とか貸してください、って。
そうだよねー今まで暗いとこにいたから急に眩しいとこに行ったら、目を痛めるもの。
 でも私持ってないし……
と思ったら、パティさんが「捜してきます!」てあっという間に見えなくなっちゃった。行動が早いなー。

 ハビさんの様子を見ながら帰りを待ってると、ゴチさんも酔っ払いながら合流。
でも、何だか「ハビさんじゃない」って言って捜しに行っちゃったの。匂いも声もハビさんなのになー? そういえばパティさんも戸惑ってたみたいだし……
 戻ってきたゴチさんは私にハビさんかどうかを確認する。もう一回確かめてみるけど、匂いも声もハビさんに間違いない。
なんで間違えるんだろう? ってよくよく見たら……

あれっ!?

ハビさんなんか違う? あれあれ?

エルフ? でも、中身は変わってないって言ってるし、違うようにも思えない。やっぱりハビさんだ。

 どっちにしても、移動しなきゃいけないので、ハビさんはパティさんの持ってきた服を着て、衰弱してる彼にパティさんが馬を貸す。

 途中、ユーの小屋で休憩もかねてどうするか話し合う。

 ゴチさんはブロークン・アローで保護派。
依頼が出てて、お店に連れてくってなってたから、てことだけど……。多分、安全なのが確実だからかな? サイアさんの事を警戒してるっぽいし。

 パティさんはルナへ行く派
サイアさんは色々と知ってるみたいだから治療法も分かるだろうし、ハビさんがどういう状況なのか教えてもらえるだろうし、長旅はつらいって感じかな?

 二人とも心配いっぱい

 結局両方になりました。
 まず、お店に行って休憩しつつ証拠(大丈夫だよーって報告?)を掲示板に残して、サイアさんの待つルナの宿屋へ、無事にハビさんを送りました。

 その時、沢山の人の匂いの中に、覚えのある匂いが混じった。
確か……セイバさん? 心配してた人その沢山番目!(いっぱい過ぎて何人いたか覚えれない……)
多分、気になってるよね?
急いで呼びに行くと、きちんとハビさんのことだって察してもらえた。彼を案内したらハビさんが見当たらない。
 パティさんたちが休んだって教えてくれた。そっか、よかった。

 ほっとしたところで、占い師のサイアさんが来て、ハビさんの症状を教えてくれました。

 ……難しくてわからないや

 えっと、

○ハビさんはエルフでも人間でもない状態で、早くどっちかに安定させないと危ない。
○ハビさんのつけてた腕輪は、ばんでぐばいんでん…ばいんでいんぐ? ブレスレットっていうのを改造したもので、あんまり良くない魔力を受信? 送信? してるらしい。
○そのためにはシュワルツあー? て人にお願いして、魔力の供給を止めてもらわないとダメ。
○その人はユーの廃墟にいるらしい。

 かな?

 教えてもらった廃墟にいくと、シュワルツさんが来た。

……ゴチさん、名前間違えてるよー

 皆でシュワルツさんを説得。なんとかしようとセイバさんやゴチさんが色々言うけど、彼の答えは変わらないみたい。
 何だろう? 変な感じがする……殺すなら殺せって言ってるみたいで、それだけじゃないような……あ、そうだ。うん、死に急いでるって感じだ。そんな風に感じる。

 でも、なんで?

 迷ってる間に、戦闘開始。セイバさんとパティさんの騎士二人がやりあう。
加勢しなきゃ! でも私の武器じゃ手加減できないし…。二人は大丈夫そうだし…。必死な相手だとわかんないか?
 考えてる間にも、あっという間に劣勢になるシュワルツさん。
 二人ともある程度傷を負わせて、どうにか捕まえてって考えてるみたいだ。

 結果は……全力の戦いでした。

 後味悪いけど、何か手掛かりになるようなものはないかって、死体を捜す。
 そして、日記を見つけた。
何が書かれているのか気になるけど、セイバさんの提案でそれは開けずにサイアさんに渡す事になりました。
本当はとっても読みたかったけど……ね

 その後はサイアさんにハビさんの様子を聞いてほっとしたり、お届け物(日記)を渡したり……

 何とかハビさんの件は落ち着きました。


―― 捜し物は見つかった? ――


posted by マグダレーナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 流犬小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。